プログラミング体験イベントでよく見かける「Scratch」
スクラッチといいます。

最近、体験にいらっしゃる親御さんは以前よりはscratchを知っていたり
よくはわからないけど、別の教室で体験しましたという声を聞くようになりました。

とはいえ、まだまだプログラミング自体なんかよくわからないというお声が多い中
scratchと聞いてもなんだろう?と疑問に思われているのではないでしょうか?
そこで「scratch」ってなあに?と題して、スクラッチの紹介をしたいと思います!

ビジュアルプログラミング言語とは

さて、みなさんはプログラミングというときちんとした知識のある専門家が
パソコンに向かってむずかしいアルファベットの言葉をどんどん入力していく
イメージがあるのかな?と思います。

もちろん、それもそうなのですが、今「ビジュアルプログラミング言語」と言って
コードを知らなくても、子どもでもわかりやすい、命令ブロックをつなげるだけで
視覚的に操作ができるプログラミング言語が開発されています。

いくつか有名な言語はあるのですが、今回紹介するscratchは
マサチューセッツ工科大学のMITメディアラボで開発され、世界的にも有名な言語。
日本語にも対応しているので、国内ではよく取り扱われている言語なのですね。

 

scratchはこんな画面

パソコンにソフトをダウンロードして使用するパターンと
インストールせずにネットがつながっていればすぐに使えるWeb版とあります。

scratch2.0はWeb版です。インストール版はscratch1.4で機能はシンプルですが
それゆえ使いやすく人気があるようです。
わたしもネットが使えない時に使用したことがあります。

画面はこんな感じ

スクラッチキャットといいます。かわいいですよね~

画面の真ん中に青いブロックがいくつかならんでいますが、それぞれの命令が
色別に分かれていて、動かしたい時、見た目を変えたい時、音を鳴らしたい時など
命令したいブロックを右側のグレーの部分にどんどんつなげていきます。

パズルとか積み木のイメージでしょうか?
積み木は下から上へどんどん積み上げていきますよね。■を二つ、▲をひとつで
おうちができました・・といった具合ですが
プログラミングの場合は、上から下へどんどんつなげていきます。
「話す」⇒「歩く」⇒「戻ってくる」などのブロックをつなげていくとつないだ順に
左側のスクラッチキャットが命令通りの動きをしてくれるのです。

※プログラムの様子や実際の完成品を見ることができるブログがありましたよ。
子供もできる!プログラミング入門ゲーム「Scratch」をわかりやすく https://blog.codecamp.jp/try_scratch  Code部からの参照です。

 

scratchは漢字が読めなくても大丈夫!

日本語に対応しているだけありまして、ひらがな設定も可能です。

最近は小学低学年の子がクラスに入ってくることが多いです。
これまた制御とか普段使わないようなむずかしい字もありますが
ひらがなですと、自分でブロックを探してつなげていくことができますよ。

 

scratch2.0がわかりやすく解説してある本

テキストはたくさんありますが、わたしが持っているのはこちら
「わくわくプログラミング2」です。

テキストがA4サイズで大きく見やすい。
説明書きがしっかりページに収まっていますが、大きい図解があり
キャラクター同士の会話形式で読み進めていけるので、誰かと
お話しながら勉強している感覚になりそうです。
もちろん、漢字にはふりがながふられていますよ。

本の中だけでもscratchで何ができるのか?といったことも知ることができるので
これみると、実際に動かしたくなりますねー(^o^)

でもですね、何がいいかといいますと、個人的に「おぉー!」と思ったのは
テキストの始めのほうに、この本で作り進める前に最初にやってほしいこと
というのがきちんと書かれていることです。

知っている子はやりたいところから、サクサク操作できるかもしれませんが
でも、何事も基礎が大事。「最初にやっておくこと」はscratchの基本的操作です。
基礎を知って、実際操作して覚えておくことで
のちのちは、使い方で悩まずプログラミングに集中できるのです。

この使い方の箇所も「ネコスピン」をつくろうとテーマがあり、一つずつ
ブロックをつなげてどう動くのかを説明してくれていますので
自然にどの機能を使ってからどう動いたのか理解できる仕組みになっていますよ。


小学生からはじめるわくわくプログラミング2

scratchの楽しさを満喫するのは、やはりまずは使ってみること。

2月3月はあちこちのスクールで体験イベントが目白押し!
ぜひ、皆とわいわい楽しみながらscratchを体験してもらいたいのですが
日程があわない・・などあるかと思いますので
おうちでの楽しみに本を買って見ながらやってみるのもいいかなと思います。

関連記事:小学生向けプログラミング体験・イベント体験

 

さて、今回はscratchとは?の解説から、参考テキストまでご紹介しました。
次回は、いくつか作品を作ってご紹介したいと思います!