去年の放送だったようですがモーニングクロスという番組で
【ロボット最前線】なんとiPadでドローンを飛ばしてしまうという特集がありました。

なんとなーく、もしや?の予感をしつつ見てましたが
iPadとiPhoneで使えるプログラミングアプリ【Tickle】で
プログラミングをしドローンを飛ばすイベントの紹介でした。

Tickleならちょっとなじみがあったので朝からワクワクしながらテレビをみてしまいましたよ(*´▽`*)

ところでTickleとは・・・
Tickleの言語はScratchからきているもので、日本語対応しているアプリ。ですから子どもでもスイスイとプログラミングできる仕組みになっています。なぜか、英語が混ざっていることもあるのですけどね~
※scratchとはこちらの記事にて⇒scratchとは?part1

画面はこちら

Tickle画面

左側にブロックが並んでいて指で右の黒い画面に持ってきて
上から下にどんどんつなげていきます。

ちなみにこれはスフィロ ロボティックボールのプログラム
ドローンと同様にタブレットでプログラミングし、目の前で動かすことができますよ!

放送では
再生⇒離陸⇒1秒待つ⇒宙返り⇒着陸のプログラムが紹介されていました。

元はロボットでできることのプロジェクト紹介もふくめた番組構成でしたが、この中でもやはり言っていたのは自己肯定感

自分でプログラミングしたものが目の前で動く!この成功体験が大事といった話もありましたよ。
そうよねーよくわかります(^^)子どもたち夢中になりますよ。

以下は、そのロボット教室の様子が撮影された放送動画です。
アップされていたので、ロボット最前線の情報も含めて、ぜひチェックしてみてください(^o^)/

ちなみにロボティックボール スフィロはこんな感じのかわいいロボットです♪

スフィロ

授業で使いますが、言ってみれば職場の物品・・・・さくっと撮影してきました(^▽^;)

そのうちロボットを動かしている動画も撮影したいと思います(^^)/