2017年も開催するようです!
第2回全国小中学生プログラミング大会!

第1回のプログラミング大会が開催されると聞いた時
どんな作品ができるのだろう?気になっておりましたが
あっという間に第2回の開催が決定したようですね^^

第1回テーマは【ロボットとわたしたち】
参考リンク⇒第1回全国小中学生プログラミング大会

この時にグランプリだった「ママ ロボハートちゃん」は
頭のカゴにモノを載せて運ぶお手伝いをしてくれます。

小学5年生のお兄ちゃんがC言語でプログラミング
妹がロボットをデザインしたようですよ。

先日、毎朝みているTOKYO MXモーニングクロスの
週刊アスモノでもあらためて紹介されていましたね。
どうやらバージョンアップもしたらしいです(^_^)

こういった大会でのポイントは何かな?と思いますが
やはり、ITの人材育成ももちろんではありますが
「表現手段としてのプログラミング」がテーマだと。

わたしのスクールではロボットコースもありますが
担当はタブレットとパソコンでのプログラミング授業です。

まずは、使い方を教えますけれど、このツールを使って
タブレットやPCの中で何を表現するか?何を作るか?
それぞれのアイデアを大事にしたいと思っています。

同じプログラムなのにキャラやゲームの内容が違えば
その子の個性を見事に表現していること多々あり
思いやりや感謝の気持ちが現れることもよくあるので
思いついたことは自由に取り組んでもらいます。

ただし、乱暴な内容にはならないよう、そこは誘導します。

先日は「ゾンビを槍で刺して倒すゲーム」を作ると言っていた子
(実際はもっと乱暴な言葉です・・・)
でも「うーん、刺さるとか痛いのはいやだなぁ」というと
少し悩んだ末「ゾンビに網を投げて人間に戻すゲーム」を
作ることにしていました。

ちなみに第2回全国小中学生プログラミング大会の
テーマは【こんなのあったらいいな】だそうです。

次はどんな作品があつまるのでしょうか?
8月から募集開始だそうなので「自由研究として」
といった呼びかけもありますよ。楽しみにしてます(^o^)/